2011年03月20日

東日本巨大地震後、7日目の朝

 東日本巨大地震がおきて7日目の朝7時、目が醒めて外に出ると、風は冷たいが雲一つない青空。
 「地球に人間として生を受けて、日々生きていること自体が奇跡なんだ」と、歩きながら思う。

 11日の午後、ビルの3階にあるスタジオで翌日ヨーロッパにむかうための準備をしていたら、小さな横揺れがきた。「どっか遠くで地震だな」と思った次の瞬間、今まで体験したことのない大きな横揺れが始まった。
 スタジオの機材類は地震にそなえて大方金具で固定しているのだが、モニタースピーカーがゆらゆら揺れている。モニタースピーカーを手でおさえようかと思ったが、揺れは更に大きくなる。「それどころじゃない。逃げよう」と、裸のトランペットを持って、階段をかけおりた。

 通りに出ると、多くの人達がざわめいていて、電柱が不気味に揺れている。トランペットを持っている自分が少しはずかしくなり、トランペットをジャケットの内側に隠した。
 下からつき上げるような縦揺れではないので震源は近くではないなと思ったが、横揺れの振幅が大きくスローなので、非現実的な感覚におそわれる。体から意識が飛んでいくような感じ。幻覚のような揺れがおさまるまで、長かった。時計の示す時間はかりそめで、こうした時間の感じ方こそがリアルなのだろう。

 揺れが終わって、スタジオに上がってみると、有難いことにモニタースピーカーも倒れず大きなダメージはなかった。家族が心配で電話してみるが、ケータイがつながらない。固定電話で何回かかけるうちにつながり、家族の無事は確認出来た。

 体の中が船酔いのようにまだ揺れている。階下の居酒屋が昼から開いているので、行ってテレビを見ることにした。
 震源は三陸沖だという。かなりの幅で日本海溝のプレートが動き、マグニチュードは7.8と発表された。しばらくすると、「アメリカの地震局によると、マグニチュード8.8だそうです」とアナウンサーが一言だけ云った。

 夕方6時ごろ、菅首相がテレビに出、たよりなさそうな顔つきで、「国民の皆さん、冷静に行動してください。そしてお互い助けあってください」とだけ云って、日本国旗に礼をしてさがった。
 「オマエ、それじゃあ町内会のオヤジのレベルじゃないか。国は即座にコレコレの事をしますから、国民の皆さんどうか安心してくださいと云うのが、国家のボスの役目なんじゃあないのか」と、大声を上げそうになった。
 地震は天災で人間の力ではいかんともしがたいが、菅首相の発言を見て、「アア、これから人災が始まる」と思った。

 家に帰り、家族と夕飯を食って、14・15日と演奏する予定だったロンドンのThe Vortexに、「地震がおこったので、どうも行けそうにない」とメールした。

 翌12日の朝、電車の動きを確認しようと近くのJRの駅に行ってみたが、混乱の極み。
 万が一、アムステルダム行きのKLMに乗れたとしても、この状況では家族を残して行くわけにはいかない。ヨーロッパ行きは断念することにした。

 テレビが津波の映像を流し始め、そのすさまじさに寒気が走った。西暦800年代に起こって以来の千年に一度の巨大地震だという。マグニチュードも7.8から8.8、そして9.0と変わった。
 テレビのアナウンサーが、「道路が混雑していて救援車両が思うように進めません。どうか道をあけてください」と。「冗談じゃない、空からでも海からでも救援物資は運べるじゃないか」と、大声をはり上げたくなった。後できいたのだが、日本の法律では空から物を落とすのは禁じられているという。ホントかいな。港がこわれていようと、自衛隊の上陸用舟艇で物資を上げればいいじゃないか。政府の無能さが、人災を拡げ始めた。

 そして福島原発のトラブルが発生した。東京電力の金もうけ体質が、打つ手を後手、後手にし、水素爆発がおこり、放射能が飛散し始めたのだ。
 外国の友人達からも、「コンドー、家族を連れて四国の田舎に帰れ」とメールや電話がかかってきた。迷った。ネットやメディアを調べると、東京上空の放射能値はあがっているものの危険値を超えている程ではない。

 逃げるのは簡単だが、ミュージシャンのオレに今出来ることをするしかない。それは曲を作ることだ。アトミック・ベイビーを10ヶ月後に生むべく、子作りに励むのも一つの手だが、それには歳をとりすぎている。

 昨夜までかけて、3曲作った。打ち込みでまだトランペットは入れてないが、まずこの3トラックをネットで発表したい。この曲に感じるものがあったら、ミュージシャン達がボーカルを入れるなり、サンプリングするなり、楽器を加えるなり、メロディだけ使ってくれるなりして欲しい。そして被災者の人達を助けるチャリティにつながれば、更にいいのだが……。

 これを書いている最中、ニューヨークから電話が入った。Bill Laswellの片腕のJohn Brownからで、山木秀夫、DJ KRUSH、オレをニューヨークに呼んで、4月9日、ニューヨークで緊急チャリティライブをやりたいという。いいことじゃないか。自然のパワーに呼応するには、真の人間パワーを出すしかないのだ。

近藤等則
2011年3月17日午前
posted by KONDO at 23:31| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
近藤さん、初めてコメントします。
海蛇でおなじみのひろみです。
ご無事で何よりです。
NYでのチャリティイベント、ぜひ実現させて下さい。
日本の皆にパワーを届けて下さいね。
くれぐれもお気をつけて。
Posted by hiromi at 2011年03月21日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: