2011年04月02日

親父の49日の法要を終えて

 昨夜、四国から川崎にもどってきた。親父が2月に亡くなり、3月27日、49日の法要をした。
 墓に親父の骨壺をおさめるべく石の蓋をあけたら、頭蓋骨が一つころがっていた。祖父のだった。
 高一の3学期の期末テストが始まる前日の日曜日の午後、勉強の途中トイレに行きたくなり、祖父の寝ている部屋を通った。掛け蒲団がはだけられていたので、「オジイサン、寒いやない」と蒲団をかけようとした時、祖父が息をひきとっているのがわかった。
 その時、家には祖父とオレ以外誰もいず、祖父のそばでひたすら泣いた。
 土葬だった。吹き流しを先頭に長い葬式行列で墓地にむかった。頭に白い三角頭巾をかぶせられ、ワラジをはいて棺桶の棒を持って歩いた。
 しばらくして「オジイサンと同じ齢まで生きれるとしたら後何秒あるんやろ」と、60年を秒にしてみたら19億秒くらいしかないことに気づいた。「けっこう時間があるようでないんやなあ」と、16才のオレは思った。
 明治生まれの日本人は、今の我々より信仰心が篤かった。祖父はオレと弟を近隣の神社仏閣の祭りにはほとんど連れていってくれ、毎朝仏壇にごはんを、神棚に水をあげさせられた。「オジイサン、何でボクがやらんといかんの」ときいたら、一言「オマエは長男じゃけん」といわれた。

 地震が起こって2週間余。地震を全身全霊でうけとめた地元の被災者の人々は、悲しみと苦しみの中、復活のノロシをあげつつある。真の人間力を感じ、感動する。感じたら動け、そのものだ。それに較べ、人災の発震源である東電や官僚、政府の上層部の右往左往ぶりはどうであろう。
 日本の首相ならば、「火山と地震の日本列島に暮らしてきた我々日本人は必ず立ちなおります。ただ人災である福島原発においては全力をもってこれを沈静化すると共に、日本における原子力発電所の廃絶を目指し、日本の総力をもって代替エネルギーの開発に取り組む決意を表明します」と、世界に向けてメッセージを送るのが当然だと思うのは、オレだけではないだろう。
 人間の傲慢さから生み出された高度消費文明に対する警告だ、ととらえるのが、普通の人間の感受性だとオレは信じる。

 第1回めの3曲を発表してから、3月24日までにこの3曲をアレンジしなおし、かつ3曲新しく作った。6曲をアップロードする。
 みんなの感想や意見、リアクションを待っている。

 近藤等則
 2011年3月30日
posted by KONDO at 00:28| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
お〜ぃえ〜〜〜〜!こんど〜さ〜ん!(^^)/

私も地震直後mix作ったので聞いてやってください。
こんどーさんも入ってます。|0|
タイトル「Nuclear power generation & earthquake」です。
http://soundcloud.com/kswitch333/20110321-impro-mix-1
Posted by KS at 2011年04月02日 19:40
こんにちは。私も同じように感じていると同時に
原発についての真実がどんどん明らかになるにつれ
これは戦争を仕掛けられてるのかもという気になっています。日本にいつの間にかプルトニウムを45トンも持ち込み日本のような地震多発国のあらゆる地域に原発を作り(地名や名前が駄洒落のように合う)やくざに新宿や横浜でホームレスや肉体労働者を集め原発で働かせ、もう何十年もプルトニウムの掃除をさせて、みな歯がボロボロ髪は抜け癌になり死んでも身寄りなくが闇に葬られる。そこまでしてやる理由は何なのか。単なるお金儲けにしてはあまりに異常だ。全く電気を生み出していない原発もたくさんあるのを見るとこれは時限核爆弾みたいなもので日本は脅されてるのかと思えてくる。今はオセロでいえばほとんど相手に領土を取られてる感じ。原発に関してはメディアは嘘ばかり、ネットでも情報削除がされ始め、公安も動いているらしいし、ここは中国か戦時中かと思ってしまう。
ここで四隅を取り返し全部ひっくり返すには 日本人のDNAの奥深いすべて発揮し、笑って全身全霊ハートの奥から喜びの道を創造することしかない気がする。地球と宇宙と響きあうくらいハートから黄金のマグマを放出しグレイゾーンを蜂蜜色に変えていくことで、いのちの魔法が復活するのではと
感じています。地球を吹き続けて一人悠々と音体道を続けてきた近藤さんのスピリットならバイブカラーを変えられる一人となることを信じています。
Posted by HIROKO at 2011年04月03日 03:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: